その痛み虫歯かも?虫歯の進行度

虫歯の進行状況と対処方法について

痛みのない虫歯や痛みがなくなる虫歯がある

毎日欠かさずしっかり歯磨きができていれば、虫歯が進行しにくい口腔内環境が保てるでしょう。
積極的な治療をしなくても定期検診で経過観察は続け、ごく初期の症状を放置すると脱灰(菌が歯を溶かす事)が進行するとC1の状態になるのです。
進行度「C0」の治療法について、積極的な治療は行わず、正しい歯磨き方法を習得することで、毎日しっかり歯磨きしていきます。
歯に痛みが無い場合には、菌と虫歯の酸がエナメル質内に限定していて、表面に穴が空いている際はレジン充填という治療を行います。
歯に痛みが無いからといって放置していると、あっという間に深く浸食されてしまいます。
まだ穴が開いていない状態なら、日々の正しい歯磨きで進行を食い止める事ができます。
進行度「C1」の治療法について、一般的には白い樹脂の詰め物で治療行います。
冷たい物や甘い物で痛みを感じた際は、治療が必要な状態になるでしょう。
穴の深さにより熱い物でも痛みや違和感を感じるようになり、何らかの治療を行わないといけない状態です。
進行度「C2」の治療法について、象牙質まで進行している状態で、虫歯を取り除き白い樹脂あるいは銀の詰め物やセラミックの詰め物を詰めて治療を行います。
進行度「C3」の治療法については、神経にまで進行した状態で、神経が生きているという場合には神経を取り防腐剤を詰める治療を行います。
神経が死んでいる際には、神経が入っている管を綺麗に洗浄、清掃して防腐剤を詰めて治療を行います。
C3の場合は、穴の大きさによりレジンを詰めたり、インレーやクラウン(銀歯やセラミックの被せもの)などで治療します。
穴が大きければ土台を入れたりする場合もあります。
進行度「C4」の治療法については、歯がほとんど崩壊した状態なので、ひどい際には抜歯でしょう。
根が残っていれば、土台を入れてかぶせものをすることもできます。