虫歯の進行状況と対処方法について

>

虫歯が進行すると痛みを感じるや虫歯の部分が黒くなる

見た目よりも生活上噛むことを重視している

保険治療でのコンポジットレジン修復については、パテで穴を埋めるような感じで、白いプラスチックの詰め物を詰めます。
奥歯の隣接面にある虫歯や大きな虫歯は対応できません。
デメリットは、経年劣化しやすく変色や詰め物の境目が着色することがある点でしょう。
治療回数はほとんどの場合が1回で、費用相場は1本、1,500円から2,000円ほどです。
隣接面の奥歯や大きな虫歯が対象ですが、金銀パラジウム合金でかぶせ物や詰め物をします。
メリットとしては、低価格で見た目よりも生活上噛むことを重視しているところです。
デメリットとしては、素材には銀も入っているため、長期的な使用は酸化や腐食・さびやすい・金属アレルギーの危険がある・歯茎に沈着して、黒く変色することもある・銀色で目立ってしまう・二次虫歯の危険性が高いことでしょう。
治療回数は2回ほどで、費用目安は1本、約2,000円です。

変色や境目の着色が起こることもある

自費治療ダイレクトボンディング修復については、虫歯部分を削って、多数の種類のプラスチックで盛り付けていきます。
メリットとしては、患者さん本来の歯のような色調や形に近づけることが可能な点です。
デメリットとしては、保険での治療よりもプラスチックが変色しにくいのですが、経年劣化することで変色や境目の着色が起こることもあり、セラミックの詰め物と比較して強度は弱いため、経年劣化によって少しずつ削れていくことがあるでしょう。
治療回数については1回から2回で、費用の目安は、20,000円から50,000円です。
医療機関により費用は異なります。
自費治療でのセラミックやジルコニア修復については、被せ物や詰め物の素材には、陶器のような原料のセラミックや別名では人工ダイヤモンドとも呼ばれているジルコニアを使用します。
見た目の良さはセラミックやジルコニアと同様で、硬さでいうとジルコニアやセラミックになるでしょう。


この記事をシェアする